改修工事の見積を取るときの注意点は?


施工方法が責任施工方式または設計監理方式であっても、業者選定方法が競争入札や見積合わせ方式の場合、明確な改修仕様と施工範囲を同一で見積依頼をしないと単純比較ができません。
仕様や範囲については、少々時間かかってもよく検討しましょう。